困っているはず太陽光発電
ホーム > ADHD > 大人のADHDが増えている

大人のADHDが増えている

 

ADHDとは、正式には注意欠陥多動性障害と言われる脳機能の障害のことです。

 

最近は書店やテレビなどでもADHDに関する情報を目にすることが多くなりました。

 

ADHDと診断される人には、言動や生活習慣に関して一定の特徴がみられます。

 

例えば、忘れ物が多い、衝動的に行動してしまう、失言をしてしまう、物事を順序立てて行うことが難しいなとです。

 

現在では、幼児期から支援する体制が整ってきているため、子どものADHDは昔よりも診断されやすくなっているようです。

 

しかし、既に成人している人の中には、自分がADHDだとは気づかずに過ごしてきて、そのために深く悩みを抱えている人が多いようです。

 

一昔前の製造業が盛んな時代であれば、そのような人でも仕事において困る場面は多くはなかったのですが、現代では様々な仕事においてコミュニケーション能力が重視されます。

 

そのためにADHDの傾向を持つ人が働きづらさや生きづらさを感じる機会が増えているのです。

 

ですから、大人のADHDが増えているというよりも、社会の中で大変さに直面して自分がADHDではないかと考え、診断を受ける人が増えたということなのかもしれません。

 

ADHDは脳機能の障害と言われており、薬で治せるような種類のものではありません。

 

職場や他の生活の場面で上手に対処するためのスキルを身に着けることで、大きな支障を感じずに生活できるようになることが目標です。

 

そのためには、家族や同僚など周りの理解も大切になってきます。

 

また、食事は脳の働きにも大きく影響しますから、食生活に気をつけることも環境に順応するための助けになるかもしれません。

 

特にADHDの人は脳や腸の敏感さを持っていると言われますから、食事に注意することは脳だけでなく、身体の健康全体にとって大切になってきます。ADHD 食事