困っているはず太陽光発電
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を業者に依頼する場合のリスクなどについて

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合のリスクなどについて

クレジットカードのショッピング枠を換金するクレジットカード現金化には、現金化業者に依頼する方法と自分で商品を売買する方法があります。
現金化業者の中にはオンライン上で申し込む業者と、実店舗から申し込む業者が存在します。
自分で現金化を行う場合は換金率の高い商品を探すとか買取価格の高い店舗などを探す必要があり、手間や時間がかかります。
一方、業者に依頼する場合は現金を得るまでの時間が短く、即日で入金される場合もあります。
ただし、クレジットカードで購入した商品をすぐに業者に売却すると横領や詐欺などに問われるリスクがあります。
クレジットカードで購入した商品は代金を完済するまではカード会社に所有権があるので、代金を完済するまで勝手に売却することはできません。
カード会社への完済前に商品を売却することは、友人から借りたゲームソフトや本を勝手に売るのと同じ行為になります。
また、現金化業者からクレジットカードで商品を購入してキャッシュバックを受ける方式の場合、クレジットカード番号を聞き出す業者がいます。
しかし、クレジットカード番号は大事な情報なので他人に教えてはいけません。業者に依頼する場合には、悪徳業者にあたるというリスクがあります。
そのようなリスクを回避するために、業者のホームページなどで念入りに情報収集を行うことが大切です。
一方、悪徳業者にあたらないという点では、自分でクレジットカード現金化を行った方が安全です。
ただし、カード会社に発覚してカード利用停止になる可能性が高いので、クレジットカード現金化の正しい知識を学んだうえで行うことが大切です。

クレジットカード現金化の業者選びはこちら:評判の高いネオギフト