困っているはず太陽光発電
ホーム > 子育て > 遺産相続で起こりがちな問題

遺産相続で起こりがちな問題

●何から手をつけてよいか分からない

相続手続を進めるにあたっては、全体の流れを正しくつかむことが一番大切です。遺産の種類が異なっても相続するための大きな流れは共通しており、その点を理解していなければ大変な混乱を招くことがあります。

●他の相続人がなかなか印鑑を押してくれない

他の相続人が同意の印鑑を押してくれない場合は、まずその理由を考えてみることが大切です。よくあるのが、遺産に関する説明が不十分なため不満を抱いて協力をしないという状況です。このような場合には、まず遺産に関する資料を用意した上で、きちんと開示することが長い目で見た場合に得策です。

 

他の相続人が遺産内容を教えない

●または独り占めしようとしている

それぞれの相続人には遺産の内容を調査するための権限があります。不動産であれ、預貯金であれ、その内容を把握し、相続分をわたすように請求することができます。

●遺産をどのように分けたらよいか判断しにくい

遺産は相続人全員の話し合いによって、どのように分けることもできます。その際の判断材料となるのが、遺産の評価額や法律に定められた相続割合、相続人が生前受けた金銭的な援助や被相続人への貢献度合いです。また分け方にも幾つかの方法があります。

●相続人がどこに住んでいるか分からない

まずは戸籍謄本によって相続人を確定し、その後戸籍の附票の情報などによって現住所を確定することが必要です。

●故人の預金が使い込まれているようだ

取引先の金融機関に取引記録の開示を求め、証拠を押さえることが必要です。

●生前に多額の援助を受けた相続人がいる

生前に受けた多額の援助は「特別受益」といい、法律の解釈では相続分に影響します。各相続人の特別受益を考慮した話し合いを行なうなら公平感が生じるのでまとまりやすくなります。

●よく分からずに印鑑を押してしまった

原則として一度決定した遺産分割協議をやり直すことはできませんが、印鑑をついてしまったときの状況によっては、遺産分割協議書が無効であるとして訴えを起こせる可能性があります。

●遺産分割で介護費用を考慮して欲しい

長い間故人の介護を行なってきたのであれば、その労に見合った遺産分割を行なうのは公平なことといえます。とりわけ介護のために様々な費用を負担してきたのであれば、そのことで相続財産を減少させずに済んだことになりますから、相続分とは別に「寄与分」という遺産に関する特別の権利を有すると考えられます。

遺産相続の問題は宇土市行政書士事務所へ