困っているはず太陽光発電
ホーム > 糖尿病 > 糖尿病の初期の症状について

糖尿病の初期の症状について

糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足したり、その作用が不十分になることによって、体内の糖質を調整できなくなり、常に血糖値が高い状態になる病気です。

糖尿病には2種類のタイプがあって、日本の約700万人いる糖尿病患者のうちの9割以上が2型糖尿病ですが、2型糖尿病は自覚症状が乏しく、高血圧、脂質異常、腎臓病などの持病を持つ人が糖尿病になると、それらの症状が悪化しますし、糖尿病を放置しておくと糖尿病特有の3大合併症である網膜症、神経障害、腎症などを引き起こす怖い病気です。

この2型糖尿病の原因は、遺伝に食べ過ぎ、飲み過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣が加わっていると言われています。

インスリンの機能低下を回復させるため、主に食事療法と運動療法を行いますが、それでも回復が見込めないようであれば内服薬やインスリン注射を追加した治療となります。

 

糖尿病は、中年で肥満型の人に多く発症するので、特に会社の検診などでメタボリックシンドロームと診断された場合は、生活習慣を改善するとともに、糖尿病合併症の予防のためにも糖尿病の初期症状に早く気づいて、早期発見、早期治療するようにしたいですね。

よくある糖尿病の初期症状としては、頻繁に多量の尿が出る、水分を摂っているのにやたらと喉が渇く、特に何もしていないのに体重がどんどん落ちてくる、全身が重だるく感じる、などがあります。

これらは、いずれも高血糖のときに起きる症状です。

このような糖尿病の初期症状を見逃さないように、自分の些細な体調の変化にも十分に気をつけるようにしましょう。糖尿病 食事