困っているはず太陽光発電
ホーム > 前立腺炎 > 若い世代に多い慢性前立腺炎

若い世代に多い慢性前立腺炎

前立腺の病気といえば高齢の方に多い傾向がありますが、この慢性前立腺炎は比較的若い30台~40代に多く見られます。前立腺の中で炎症が発生する病気で細菌侵入して起こる細菌性のものと非細菌性のものとがあります。慢性的に起こるので熱なども出ず、軽い症状なので気づかないケースもあります。原因の多くが長時間のデスクワーク、長時間の乗り物での移動、自転車やバイクの長時間の運転などの前立腺への機械的な刺激で起こります。症状はさまざまです。排尿時の痛み、残尿感、尿道の違和感などの排尿障害、下腹部、足の付け根の鈍痛、不快感、その他にも下肢の鈍痛や不快感、しびれ、勃起障害なども起こることもあります。病院での検査はおしりから指を入れての直腸診や血液検査、尿検査を行います。治療は薬物投与です。慢性前立腺炎の完治、抗生剤や漢方薬を服用します。症状がなくなってもかなり長期間薬を飲むことで再発を防止します。予防は長時間座ったままの姿勢を取らないことが大切です。やむおえず座りっぱなしの乗り物での移動の場合はたまに立ち上がったりして姿勢を変えることが予防になります。また下半身を冷やさない、疲れやストレスを溜めない生活を心がけることも大切です。